ここは子供の情景です。物語1→  もう一つの情景   幻想/銀河鉄道の夜   夢の半島/Cape Cod   懐かしい影/三浦半島   原点/日暮れの丘 
影絵の陶酔。遠い記憶の原風景

なぜ現実の風景より「作られた記憶の風景」の方が陶酔感と覚醒感に満ちているのか・・・細胞が酸素を求めているからです。この海辺も現実の風景でなく、空想少年・夢少女が見た夢の風景です。打ち寄せる「波の動き」が細胞をマッサージして、絶えず聞こえてくる「潮騒の音」が、肌を通りすぎる「潮風の感触」を呼び起こし、海辺で育った子供だったらあの「潮の香り」まで匂うかも知れません。M.プルーストの「失われた時を求めて」のように、一つの刺激から、懐かしい記憶が入道雲のように次々と湧く起こる感覚こそ記憶の至福です。