top
細胞が蘇る世界を映像とクラフトで再現するGalleryです。
透明で濃密。デジタルとアンログで感じる力・考える力・生きる力を取り戻す新しいルネサンス活動です。

top2

観る→ ギャラリー/Gallery|活かす→ レイヤー支援/Support|知る→ 記事/Coments|創る→ レトロクラフト/Crafts



目的は劣化した脳と心の蘇生。新ルネサンス活動です。


最大の恐怖は「人間の劣化に気づかない」こと。最大の至福は「細胞が蘇る官能」です。図解するとこうなります。

concept

サイトの概要Q&A

サイト の目的は何ですか?
「ズバリ、無心に遊ぶ子供時代の躍動感を取り戻すこと。背景は人類の"感じる力・考える力・生きる力"が衰えているという現実。生きるため最も重要な”想像力・対応力”を育むのは子供時代。その喪失は人類の危機です。弱った頭と心に映るのは恐怖で歪んだ世界だけです。

次にITが人間を支配するのではなく人間の方が迎合してIT化する話。仮想と現実との区別がつかない世界です。デジタル世界では処理しやすいデータが全て。数値化できない人間本来の情感は無視されて、数値化された”デジタル感情”にとって変わられます。それは退化か、進化か・・・細胞の変化は本人には知覚できません。人間本来の豊かな細胞を取り戻しましょう」

「陶酔と覚醒でなぜ細胞が蘇るんです?」

「過剰な欲望と恐怖で酸欠状態になっている細胞が酸素で満たされて蘇生するからです。そう簡単に知性・感性が蘇るとは思いませんが曇っていた視界が晴れるだけでも意味があります。疲れたら”陶酔”、鈍ったら”覚醒”。細胞が蘇生すれが世界が違って見えますよ」

「その資源はどこにあるんです?」

「いい質問です。資源はYouTubeを始めとする動画サイトです。YouTubeにも約20億の動画がアップされていますが、実際の再生回数の93%は、全体の1%の動画に集中。残りの99%は殆ど再生されることもなくウエブに埋もれています。

しかしその中に人類が初めて目にする超美麗映像や次世代を担う芸術レベルの映像が沢山埋もれている。細胞を直撃する陶酔感と覚醒感に溢れています。こうした優れた作品を見つけ出して支援するのが我々の狙いです。ここにあるのは8年かけて膨大なウエブから発掘した”うっとり”です」

「それを紹介する訳ですか?」

「単なる紹介ではありません。絵画に額があるのと同様、映像にもレイヤーと呼ばれるオブジェクトを重ねることでより奥行きのある表現が可能になります」

「なぜそんな手間をかけるんですか?」

「レイヤーとして重ねるオブジェクトを商品や店の一部にするとこれまでウエブにはなかった斬新で効果的な表現が可能になります。これは商材活用への道を拓くことにつながります。

しかも背景映像は無限大で無料。リンク再生なので著作権を犯さない。その代わりYouTubeや作家にも何らかのメリットを考える。結果として優れた作家への支援になる。パプリシティ効果もある。そんな方法を検討しています。→ 詳しくはこちら

全てのPC・端末で見れますか?
「最新のブラウザなら問題ありませんがAppleのSafariはこの最新技術には対応していません。よってSafari用では静止画で対応しています。Safariの方はこの際、最新技術に対応したGoogleChromeをお勧めします。機能・スピードともケタ違いです」

「大画面で見るのが一番ですか?」

「小画面のスマホの時代にYouTubeが敢えて大画面でなければその良さが実感できない4K・8k映像を配信するのは、新しいインテリアとしての可能性を意識しているのかも知れません。バールや店頭などに普及すればトレンドになるかも知れませんよ」

「長時間映像なんてあるんですか?」

今では10時間を越える再生映像も珍しくありません。このギャラリーにもあります。頻繁に画面が変わることなく居間から風景を眺めているようなリラクゼーション系が多い。将来の可能性を暗示しています。ストリーミングで再生するので途中で再生が切れることは稀です」


「再生が始まらない・停止時は?」

「回線の混雑時やPC状態によっては再生が始まらなかったり、途中で待機状態が続く場合があります。しばらくしても変化がなければ画面をリセットするか、ブラウザを再起動するか、PCのキャッシュをクリアすると解決します。PC自身が非力な場合は諦めるしかありまんが、最新の機器なら問題ありません。業務活用で不明な点はご遠慮なくメールにてお問い合わせ下さい」