Top/Terrace Cinema2 Cinema3 Cinema4 Classic1 Classic2 軽音楽1 軽音楽2
title

映画には娯楽とは一線を画した「芸術の世界」があります。この映画部屋には「映像の詩人」と呼ばれるA.タルコフスキーとT.アンゲロプロスの作品があります。興行的に受けることより「より高み」と「より奥行き」と「より根源的」な世界を描いて観る者の細胞を酸素で満たします。別の映画部屋には名作を名作たらしめている情感のサウンドトラックがあります。↑「オリジナル」には元映像があります。


 情感No.1アンゲロプロスの世界 60年代はゴダールの時代だとすれば70年代はアンゲロプロスの時代だった・・・フランス文学者で映画評論家で東大総長でもあった蓮實(はすみ) 重彥の言葉です。辛辣な評論家をも唸らせるギリシャの巨匠「テオ・アンゲロプロス」。その映像美・叙情性は右に出る者はないと言われますが「霧の中の風景(左上)」を聞けば、むしろ情感をかきたてて止まない音楽にこそアンゲロプロスの真髄があると判ります。2012年1月24日、アテネ郊外で事故死。享年77。