tit;le生命(いのち)の輝きとは、無心に遊ぶ子供の細胞が完全燃焼している眩さのことかも知れません。その細胞が甦れば感じる力・考える力・生きる力も蘇る・・・それを医学ではなく仮想世界で再現します。ここは躍動感に満ちた夢少女・空想少年にとっての原風景「日暮れの丘」。日暮れは行動の分岐点です。家に帰ってラジオドラマ「紅孔雀」を聞くか、このまま星の瞬きと共にやってくる銀河鉄道で南十字星へ向かうか。空想に向かって本気で走る。空想少年・夢少女の最大の財産です。次の物語は→ここから始まります。子供を虜にしたドラマはこちら(右の画面の音量をオフにしてから) → 紅孔雀 → 笛吹童子

side side side
side side side

 空想少年・夢少女の原点 

人間の生命が最も輝く子供の情景。特に日暮れの丘は、昼間は何でもない森の木々や小屋や電柱が日暮れと共に怪しい影となって子供に襲いかかります。本能に生きる動物ならいち早く安全な場所に身を隠すのに、なぜ人間だけがこの恐怖を乗り越えられるのか。

side

なぜ暗い夜道を泣きながら走ってきた子供が少年探偵団になって「怪人二十面相」や「黄金バッド」と渡り合えるのか。 それこそ人間が人間たる所以「感受性」「好奇心」「想像力」です。「うっとり探偵団」が子供から空想少年・夢少女に成長する原点を探検します。我々の基地がある三浦半島にもそんな情景が現実の風景として存在します。
こちらに写真画報があります。