想像を絶するサイバーワールド。リアルタイムで変化を可視化します。
Earth Wnid
ISS1 Live
ISS2 Video
Tweet Live
Cyber Attack
Gallery1Gallery2Gallery3Gallery4  Inner1Inner2Inner3Inner4  CinemaClassicMusicDigital Gallery1Gallery2Gallery3Gallery4  Inner1Inner2Inner3Inner4  CinemaClassicMusicDigital
We support excellent works, please visit and share his site.
Layer トップ World ISS 1 World ISS 2 World Twitter World Cyber World Fright World Ship Scale Universe
最新・最強のレイヤーマジック。プロジェクトの入口です。

地上400kmを1周90分で回る国際宇宙ステーションの映像です。 同じISSから最も美しい地球の風景を録画したものです。 リアルタイムで世界に飛び交うTwitterを可視化しています。 世界のサイバー攻撃をリアルタイムで可視化しています。 世界中の民間機の飛行状況をリアルタイムで表示しています。 世界中の船舶の航行状況をリアルタイムで表示するサイトです。 太陽から全宇宙までズームイン、ズームアウトします。



地球の風を見る Live映像

見えない世界を見せる「可視化」技術。特に地図上に風の向きを地球規模でアニメーション表示する仕組この画面は見ているだけで楽しくなります。どこからどのように風が流れているのかだけでなく、色合いで風速の強弱も表示されるので、どんな風模様になるかも一目瞭然。数値と違って可視化の威力です。予報データは当日から9日先まで、3時間毎のデータを見ることができます。(ただ少し処理が重いので時々落ちることがあるとか)
■機能はシンプルですが、ページを開いたときに単純に美しいのは→ こちらの画面かも。これは地球上の風の動きを可視化したものですが、↓下のギャラリーにも常識が覆る世界があります。→ 商材レイヤートップに戻る

 その他 →   地図の錯覚   宇宙船の比較   速度の比較   富の格差   値段の比較   距離の覚醒 

 サイバー用語「可視化の光と影」 
Wikipwdia の説明では、可視化とは、人間が直接「見る」ことのできない現象・事象・関係性を「見る」ことのできるもの(画像・グラフ・図・表など)にすることをいう。視覚化・可視化情報化・視覚情報化ということもある。英語の "visualization", "visualize" に相当し、そのままビジュアリゼーション・ビジュアライゼーションと称されることもある。流れの可視化のように分野や領域に結びついて生まれた呼称も多い。→ 以下詳細です

これを読むと「Wikipedia」とは、良くも悪くも当たり障りのない説明に終始していることが判ります。この無味無臭こそITの本質かも知れませんが、一方では条件反射的に知覚を刺激する可視化の罠、本質が見えなくなる理解の罠にまで言及すれば「考える力」になるのでは。なんて山本夏彦や大宅壮一の流れを汲む「うっとり探偵団」は考えます。