title


魔界サロン/Makai
 ← アカンサス入口 / Acanthus Top 

ここは「叶神社」。昼間は善男善女の願い事を叶える神社、日没後は鬱蒼とした森に潜む怪人・妖怪の集会所。この森の中に”サロン”があります。昼間の神社を見て”パワースポット!”なんて関心するようでは初心者。元々”寺社”とは現代人なんか及びもつかない感知能力を持った先人が選んだ場所。それが磁力線なのか未知の物理現象なのか今の科学では解明できないエネルギーに満ちています。

「えっ!寺社ってここは神社でしょ?」

「それはいい質問ですね明智君!実はこの”サロン・アカンサス”は寺の敷地内にあるのです。つまり神社と寺のエネルギーが合体した最強の空間なのです。その証拠にここに生い茂る樹木・・・同じ種類とは思えないほど大きく元気です。ペリー提督や勝海舟や吉田松陰や佐久間象山も”来た”のではなく”引きよせられた”。これが探偵団の解釈です。この強力磁場に潜む闇のエネルギーを ”共感”する悦楽とは・・・来れば判ります」




近代日本はここから始まった

「右の風景は現代の浦賀港。このうらぶれた港町から近代日本が始まったなんて想像ができません。しかし紛れもなく、ここに軍艦4隻を率いてぺりー提督(代将)が姿を現し、ここで日本初の洋式軍艦が建造され、勝海舟らがここからアメリカに渡った・・・激動の明治・大正・昭和の幕が切って落とされた場所なのです。その実感が涌いてくるのは妖怪共が跳梁跋扈する日没後。闇の奥に歴史を動かす得体の知れない”妖し”が今も息づいています」

「下は今も名残を留める浦賀ドック跡。2003年に閉鎖されるまでこんな自衛艦の修理を行っていました。神社の鳥居の前を軍艦が通るなんて風景は日本でもここだけかも知れません。因みに鳥居の横で大型バイク(Z1400)から降りて辺りを伺う二足歩行の生命体は妖怪の回し者ではなく、うっとり探偵団長である自分の愚息です」





 
 
 
未知のエネルギー?

「叶神社は”勝海舟断食の場”として有名ですが、愚かな地球人ほどこうゆう話を真に受けます。壮健な身体ではない海舟にとって命懸けの渡米を前に体力が衰えるような断食をするとは思えません。本当は”願掛け”というよりこの魔界に潜む”エネルギー”を貰いたかったのではと、うっとり探偵団の想像は膨らむのです」

「解明ほどの野暮はない?探偵団と矛盾してませんか?」

「確かに!実は探偵団の悦楽は科学的・合理的な解明・探検よりその過程でフル回転する”空想力”。”想像力”と言わないところが肝です。想像とは現実に基づいた”仮説”。これは頭の良い人に向き。同じ興奮でも”空想”の方が遥かに根源的で官能的なのです」

  魑魅魍魎の謎

団長「久しぶりだな!諸君!」

怪人「個人情報の名前は出さないでね」

探偵団「どう見てもあんた怪人二十面相じゃないですか!まあ、取り巻きの妖怪諸君の個人名は伏せましょう」

「異星人の連中は?」

「母船の故障で遅れるらしい。何しろ100年前の中古だからな」

「メンテ費用がないらしいですよ」

「おまいら妖怪は設備投資がないからな。乗り物どころか服さえ着ていない奴もいる。ボロボロの傘とか、一反木綿なんかただの布。手抜きもいいとこ。大体おまいらは何人いるんだ? 」

日本の妖怪は世界一。国際機関のデータベースによると登録されているだけで35,701件(2007年)。露天風呂の数が全国で約9000箇所、もし露天風呂に4人しか入っていなければ地球人以外は全員妖怪ということになる」

「それだけ種類が多いということは日本ならではの理由があるな」

「何です?」

「英語で妖怪は ghost とか phantom と訳す。文字通り恐怖と災いの象徴。ところが日本の妖怪は fairy に近い。怖くないし害をなさない、それどころか座敷童子にいたっては見た者に富をもたらす・・・こんな例は外国にはない」

「我々の仲間には人間に誘拐された奴も」

「妖怪が誘拐・・・」

「そうゆう親父ギャグは辞めて下さいって。見世物小屋に売られらしいです」

「おまいらが出るのは真夜中ではなく夕暮時・・・これがヒント。昔の親は農作業で忙しくて子供の面倒をみる時間がない。暗くなって小供が事故や事件に遭わないよう子供を脅したのさ。小さい子供ならショボイ妖怪でも結構怖かったかも」

「探偵団なんか日が暮れてからが活躍時間だったんじゃないですか?」

「その通り。たまに暗いトンネルを泣きながら走ってくる子もいたが、すぐ探偵団に吸収して魔界に向かう」

「ま、魔界って?」

「おまいらが潜んでいる森や神社だ。小者は相手にしない。標的は怪人20面相か黄金バットだがめったに遭遇しない。どうやら奴らは都会の洋館が好みらしい」

「そんなハイカラな洋館なんか田舎の港町にはなかったでしょう?」

「あることはあったがみんな阿漕な商売で成り上がった連中の建物。怪人共も警戒したのかも知れない・・・」

「人間ほど怖いものはありませんからね」

「いずれにしてもおまいらを売り出した”水木しげる師匠”に黙祷・・・」「・・・」