三浦半島の南端は見渡す限りの台地。西側には遥か伊豆半島や大島を望む相模灘、東側には世界有数の航行船舶数を誇る東京湾と房総半島。同時にここは世界有数の飛行ルートの真下でもあります。羽田や成田の離着陸機が引っ切りなしに飛び交っている・・・「だから色んな電波塔が乱立しているのか」なんて感心しては探偵団ではありません。乱立しているということは、「そこに得体の知れない塔や柱が混じっていても目立たない」と考えるべきです。

昔の子供にとって鉄塔は最初に刷り込まれる「怪し」の対象。怪電波を発する黄金バットや密かに母船と交信している金星人を「見つけてやる」なんて張り切りながら「でも見つかったらどうしよう」・・・そんな好奇心と恐怖心との葛藤が想像力を育みます。濃密な記憶を刺激する妖しの風景は三浦半島のいたるところに潜んで「うっとり探偵団」を待ち構えています。で画像拡大 →  画像トップへ戻る 


本当は何をやっているのか誰も知らない場所・・・「許可なく立ち入った者は法律により罰せられます」なんて警告看板が余計想像力を掻き立てます。例えば「葉山VOR」。超短波全方向式無線標識施設という飛行機の方位を知る無線標識。GPSが実用化した今では無用な長物なのに葉山の山中で今も不気味な姿を晒していたり、武(たけ)には「関東総合通信局・電波監理部・宇宙国際監視課」なる巨大電波塔群があって、宇宙を飛び交う電波を監視しています。更に台地のあちこちに残る旧日本軍の電波塔のような痕跡・・・こうなると「普通」の電柱や鉄塔まで意味ありげに見えて、空想少年を妖しの世界に誘います。

tou_top 原風景アカデミア「塔」

「塔といってもスカイツリーやエッフェル塔ではないですよね?」

「あれは観光地。うっとり探偵団がいう塔とはひっそりと佇んでいる無名の塔。空想力に溢れた子供の目から見れば塔は秘密の通信装置であり宇宙人のアンテナです」

「そういえば何気ない電柱でも見る場所・見かたによっては得体の知れない物体に見えますよね?」

「その発想が脳を覚醒させます。子供の頃見た”お化け煙突”なんて懐かしいですよね。そんな想像力を刺激する妖しの舞台はうっとり探偵団の基地から赤バイクで30分の三浦台地。ここに”生息”する塔達を探検します」

「なぜ三浦半島なんです?」

「いい質問だな、明智君。普通の目で見れば三浦半島は東京湾に突き出た単なる半島。探偵団の目でみれば、東京湾・相模湾・太平洋を望む絶好の台地。見晴らしはいいし、海に切れ込んだ谷も多い。詳しくは ←左の本文で話している通りです」

「三浦半島の付け根には東洋最大の海軍基地”横須賀港”がありますが、塔と関係があるんでしょうかね?」

「その件は深入りしないこと。何しろここは太平洋戦争末期、大規模な上陸作戦が展開される予定だった所です」

「もしかしたらコロネット作戦?」

「さすが探偵団!もし広島・長崎に原爆投下がなければ茅ヶ崎海岸にノルマンディーを上回るアメリカ軍が殺到、毒ガスまで使う予定だったそうです。三浦半島はその作戦の横っ腹に位置する・・・」

「そこで地形が関係する訳ですね。見晴らしはいいし、崖や谷が多いということは重要な軍事拠点になる・・・

「人間魚雷の基地まであった・・・今も当時の面影を残す洞窟や砲台の跡があります。こんな場所をアメリカ軍が放っておく筈がなく一歩間違えれば悲惨な戦場になっていた場所です。そんなことを想いながら台地を走ると脳は酸素で満たされますよ」