Top/Terrace Cinema1 Cinema2 Cinema3 Classic1 Classic2 軽音楽1 軽音楽2
title

名作の影に音楽ありと言いますが、むしろ名作を名作たらしめているのはサウンドトラックかも知れません。映画の内容は断片化して薄らいでも、懐かしいサウンドトラックを聞くだけで凝縮された人生の情感が甦る・・・そこにはテレビや凡庸なネットでは決して味わえない濃密な世界があります。カメラが登場したことで絵が肖像画から解放されて新しい表現を獲得したように、映画も古くて新しい情感に特化した媒体に進化するかも知れません。


 人々が熱狂した邦画の黄金時代
それは重苦し戦時の抑圧からの開放と復興への高揚感の産物ともいえます。1951年にサンフランシスコ講和条約が締結されると、翌年にGHQによる映画検閲が廃止。これにより上映禁止となっていた時代劇が復活するとともに、多数の映画が製作されるようになりました。国際映画祭において黒澤明や溝口健二らの日本映画作品が次々と受賞し、日本の文化的矜持の回復に務めた、とWikipediaは説明しています。