ここは戦前の満州です。  戦前の昭和   戦前歌謡   北海道・美唄   戦後歌謡  音量調整と元動画操作はモニター画面から↓



夢の跡。夢の果て。赤い夕陽の満州の幻影
人を狂わせる地平線に沈む真っ赤な夕陽。「狭い日本にゃ住み飽きた、俺も行くから君も行け、支那にゃ四億の民が待つ」。人々は「王道楽土」「五族協和」の理念を信じて満州に渡りました。本土にもない近代都市を建設し、本当に理想郷が生まれたかも知れない際どい満州経営は挫折し、満蒙開拓団の悲劇やシベリア抑留、南方では玉砕や特攻が常態化しました。戦死を「散華」といい、全滅を「玉砕」という日本人の感性はこのとき発揮されます。戦時歌謡は儚くも甘い魔性の旋律に満ちています。