日暮れの大地。懐かしい物語が始まる

未来の象徴である「子供」と過去の象徴ともいえる「日没」。相反する要素は風景に深みを与えます。もしかしたら幼馴染の空想少年と夢少女は今では仲のいい夫婦かも知れない。そうするとこれは心温まる「記憶の風景」。もしかしたら二人はその後、全く別の人生を歩んで今では合うことはない。そうするとこれは儚い「追憶の風景」。その感じ方は人それぞれ。風景は自分を映し出す鏡かも知れません。その後の二人は? → 50年後の空想少年と夢少女


サウンドは連続再生です。選択再生は→ 車窓の残響