夢中で走ったあの頃に戻る場所

ここケープコッド(Boston沖)は大西洋に突き出た砂の半島。かって夢に見た
大海原の潮騒と海風が吹き抜ける場所。砂浜を素足で駆け巡ったあの日の情景。日暮れの砂丘は大人が空想少年・夢少女に戻る場所です。
ここは子供の情景です。他にも→  郷愁/子供の情景   もう一つの情景   幻想/銀河鉄道の夜   懐かしい影/三浦半島 





jukebo 目の前に広がる大海原と砂丘。砂の感触や皮膚に当たる潮風の感覚・・・ここ「ケープコッド」には子供時代の懐かしい原風景を呼び覚ます刺激が揃っています。狭い半島の中に砂漠と湿地帯、草原と潅木林、無数の池と入江が混在するこの白日夢のような半島を彷徨うだけで脳と心が酸素で満たされます。一方ではケープコッドは無線通信・ラジオ・映画・テレビの発祥に関わりのある場所でもあります。原風景と近代メディアがどう繋がるのか・・・ケープコッドに潜む「妖し」を現地から報告します。そして↓ここにはメディアの黎明期に関わる陶酔があります。
 → もう一つの風景=時代の音(動画)を聴く    → ケープコッド動画 



Dune。2万年・・・風と砂の驚異の半島
 思わず走り出す砂の惑星。素足がめり込む砂の感触が太古の生命記憶を呼び覚ます。
     
  「アメリカの東、一面の大西洋に古代の消えた陸地の最後のかけらがある。砕け散る波と雨に洗われ風に吹き曝されても、それは雄雄しく残っている」( ヘンリー・ボストン:The Outermost Houseより)。Wikipediaとしては珍しく文学的な表現です。そのケープコッドは、ニューヨークのロングアイランドの北方に伸びる連続した列島の一部、ボストンから大きく張り出した半島。16,000年から20,000年前に堆積した氷河堆石の置き土産・・・氷河が前進と後退を繰り返した結果として至る所に透明で冷たい池や水路、湿地帯や小さな湾が形成されています。今も大洋に突き出ている部分は大量の侵食に曝されて数千年のうちに侵食によって半島は消滅するという地質学者もいますが、別の場所では新しい陸地が形成されている・・・ここは生きている砂の半島なのです。
 
Creek。迷路のように大地を抉る水路
 時に小川、時に入江・・・形を変えながら高低差がない半島を支配するクリーク。
     
  今でこそ全米有数の観光地になったケープコッドも、400年前は「飢えた犬が群れをなしてさまよう広い陰気な場所である。地球上で最も興味をそそらない景色である( ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)」とさえ言われた荒涼とした半島でした。その印象を決定づけたのは半島の至る所で行く手を阻むクリーク。あるものは冷たい池に繋がり、あるものは外洋の浅瀬に繋がり、あるものは砂丘の窪地に横たわって雨が降るのを待っている。 高低差のない半島には時に海水が入り込んで複雑な迷路になる・・・ここは人間の侵入を頑なに拒む自然と大西洋を渡ってきた入植者のせめぎ合いの原風景でもあります。
     
Pond。至る所に現出する透明で冷たい池
 砂の惑星のオアシス・・・砂丘の窪地や雑木林の中に静かに水をたたえり無数の池。
     
  一般的には水深が浅いもの(おおむね5m未満)を池、それ以上のものが湖。ただ最深部まで植物が繁茂するものになると沼と呼ばれるようですが、ここケープコッドの不思議は大きさ・深さに関係なく池と湖が混在しています。歴史的には1609年にイギリス人H・ハドソンがケープコッドに上陸した5年後、イギリスの船長 J・スミスが初めて地図にケープコッドを載せ、そして1620年の P・ファーザーズは、まず「ケープ・ハーバー」に入り現在のプロビンスタウン近くに上陸したと伝えられています。初めて先住民族と遭遇したのはこの近くの現在のイースタム付近。探検家はこの半島には水源地があることを知って入植したと思われます。今でも半島の至る所に透明で冷たい大小の池がひっそりと探検者を待ち構えています。
     
House。海を見下ろす映画のような家
 まるで映画の舞台。ケープコッド・スタイルの象徴。古き良きアメリカの邸宅。
     
  ケープコッドに別荘を持つことはアメリカの富裕層の憧れ・・・特に第35代合衆国大統領ジョン F. ケネディの別荘がある「Hyannis」は日本の「高級別荘地」が恥ずかしくなるような邸宅が並んでいます。しかも高台から大西洋を見渡して佇んでいる様は映画のよう。家がこれほど物語性を帯びている場所はありません。建築家は家をデザインすることはできても物語を作りだすことはできません。それは風土と歴史の役目・・・新大陸を目指したメイフラワーⅡ世号が、最初に上陸した「Province Town」には今もその高揚感の痕跡が漂って訪れる人の脳と心を酸素で満たします。
     
lightHouse。大西洋を照らす無数の灯台
 無数の入江と大西洋海流・・・沢山の灯台が海の難所ケープコッドに佇む。
     
「古代から灯台は人類を魅了してきた。灯台の灯りには希望や信頼を暗示し、更に人類の良き本能に訴える何かがある(エドワード・スノー)」。常に形を変えるケープコッドの海岸線には危険な浅瀬が多く、航行する船に危険を知らせる灯台も数多く点在しています。ハイランド灯台、ノーセット灯台、チャタム灯台、レースポイント灯台およびノブスカ灯台などはアメリカ沿岸警備隊が運営しています。 その他には、半島のつけ根には ウィングズネック、カティハンク、ターポリンコーブの灯台。中部にはサンディネック、サウスハイアニス、ルイスベイ、半島北部の先端部分にはウッドエンド、ロングポイント、パメット、マヨビーチ。灯台達は今もメルビルの「白鯨」の原風景を照らし続けています。
   


夢中で走ったあの頃へ

「これは夢の風景なんですか?」

「ギャラリーは全て現実の風景ですが、子供時代に濃密な体験がある人が見ると懐かしい原風景となります。細胞を酸素で満たす脳内風景なんです」

「街の児童公園のとは大違いですね?」

「児童公園なんて飛び回るという子供の本能を無視したハコモノ主義の発想。更に”監視が楽”という親の発想が輪をかけて生み出された”ゲテモノ”に過ぎません」

「でもそれなりに楽しく遊んでいますよ」

「やれやれ。本当の遊びとは生き抜くための命がけの訓練です。身体が小さく軽い子供だからこそこなせる・・・それをバカな親や社会がその機会を奪っている」

「最近の子供や若者の身体能力の低下は目立ちますよね?」

「危ないからさせない・・・それがより大きな危険を招くことに気づかない。生命にとって最も大事な危険予知能力が麻痺しているという事です」

「防犯・防災システムは?」

「そんなものはイザという時には何の役にも立ちません。最近の犯罪や災害の事例が証明しています。最後は個人の危険予知能力と対応力。それでも運が悪ければ助からない」

「最後は誰かが助けてくるのでは?」

「確かに人には愛他行動があります。しかし度を超えると未来のない年寄りを助けるために、未来のある若者が犠牲になる・・・マスコミは美談にしますが若者の遺族の感情は複雑です」

「弱者切り捨てになりませんか?」

「弱者を切り捨てるのではなく、弱者にならないよう子供の頃から鍛えろという話です。昔の人は弱者になる頃に寿命が尽きていた。今は無理やり弱者を大量生産している。何かの陰謀かも・・」

「探偵団らしい発想ですね。でも弱者にならない・作らないという発想には賛成です。でもこの砂丘とどうゆう関係があるんです?」

「ようやく本筋に戻ったね明智君!砂丘の最大の魅力は裸足で飛び回れること。勿論危ないゴミをばらまく愚衆が来ないことが条件。次に砂丘には高低差があって時々小さな池やブッシュがある。要するに生き物が生き抜くための能力を身につける自然の舞台なんです。本能を麻痺させる人工的なレジャーランドなんか比較になりませんよ」

「ケープコッドは自然の道場ですか?」

「45年以上も前に岬の先端のProvince Townという町でアルバイトしましたが、自然景観は殆ど変わっていません。但し”社会的”には白人だらけなので”暮す”には自覚すべきですが”生き物”としての実感に浸るならここはパラダイスですよ。」

「一度行ってみたいですね!」

「ケープコッドの全容を動画で見たい方は地上と空撮の素晴らしい風景があります。