「>」で進む。「<」で戻る。画面に「マウスを乗せる」で停止。



最近は光学・音響技術を駆使して場所や空間全体を作品として体験させる「インスタレーション」が話題ですが、実は日本には昔から「環境を作品化」する伝統文化があります。それが「大名や豪商・茶人の野点(のだて)」・・・気持ちのいい野外で季節感を楽しむ「ひと時の贅沢」です。居間を気持ちのいい空間にするのではなく、気持ちのいい場所を居間にする。それを最低限の「道具」で実現する。もしそれを日常化したら・・・「人生の意味」はガラリと変わります。風や雨が見舞われたらどうするって?近未来では窓や屋根がせり出して「昔の居間」に戻ります。まずは仮想風景で風景と同化する官能を擬似体験して下さい。

風景の魔性 郷愁の風景画報 陶酔の風景Slide 暮らしたい風景Slide 芸術の風景Flash



風景の魔性に陶酔する
「風景に陶酔・覚醒するなんて日常感覚では無理では?」

「艶やかな日没を見て何も感じないのは感度が悪いか、日常生活に埋没して感性が劣化しているのかも知れません」

「真面目な日本人には多そうですね?」

「日本人の特性として生活感を共有することで安心する。共有できない人は社会の脱落者と見なす。昔も今も見えない空気に支配されている。その檻から抜けられないこと自体がストレスの原因であることに気付かない。」

「でも居酒屋やパチンコ屋やスマホゲームでストレスを発散してる」

「興奮でストレスを麻痺させているだけ。細胞を酸素で満たさなければ本当の意味での蘇生になりませんよ」

「どうしたら気付くんでしょうね?」

「それがこのサイト。小難しい哲学や芸術の話なんて無理・無駄。酸欠気味の頭と心を酸素で満たせば、感じる力・考える力・生きる力が甦ります。これこそ至高の官能”蘇生感”です」

「納得!」