Gallery1Gallery2Gallery3Gallery4  Inner1Inner2Inner3Inner4  CinemaClassic軽音楽Digital
 arrow Menu of Gallery 
 → Next 
 ← Prev 




Inner1 記憶の奥底に潜む原風景
美しい風景は誰が見ても「うっとり」ですが、不気味な風景は両極端に分かれます。「日常感覚」こそ脳と心を安定させる成分だと信じている人にとって不気味な風景はあくまで恐怖心の対象。一方、それを覚醒の風景と感じる人は「非日常」こそ創造性を刺激する成分だと信じる人です。成長期の子供は見るもの・聞くものが将来どんな「意味」を持つのかを学習しますが、やがて大人と同じ風景しか見えなくなります。それは成長でもあり劣化でもあります。めったにないこと=天災や事変に直面した時にそれが判ります。「風景」はそんな我々の「感度」を常に試しているのかも知れません。

ギャラリー選択は画面右上から 右上の▼Menu of Galleryにマウスを乗せるとギャラリーの内容が表示。フロアーの point は全体カテゴリー。下段は各ギャラリーメニューです。